Thumb451 kurokawa

ソーシャルメディアでアーティストをプロモーション

黒川 徹

1984年生 / 京都府出身
現在、京都府在住


作家紹介
黒川の頭の片隅には、光と闇をのみ込む深い森や洞窟のイメージがあり、そこで暮らした古代の人々に思いを馳せています。身体記憶のなかの忘れ去られた感覚を手がかりに、始源より受け継がれた人の精神のありかを探りながら作陶しています。筑波大学芸術専門学群美術主専攻彫塑コース卒業、京都市立芸術大学美術研究科修士課程工芸専攻陶磁器修了してからは、日本だけではなく台湾、ロシア、エジプト、チュニジア、中国、トルコなどで活躍。

推薦するギャラリー
現代美術 艸居

プロフィール
2007 筑波大学芸術専門学群美術主専攻彫塑コース卒業
2009 京都市立芸術大学美術研究科修士課程工芸専攻陶磁器修了
2012 滋賀県立陶芸の森にて滞在制作 信楽
2013 新北市立鶯歌陶瓷博物館にて滞在制作 台湾
2014 台南藝術大學にて滞在制作 台湾
2015 ダハブ国際セラミックシンポジウムにてワークショップ エジプト・カイロ
バイカル国際セラミックシンポジウムにてワークショップ ロシア・イルクーツク
2016 スファックス国際セラミックシンポジウムにてワークショップ チュニジア
2017 中国美術学院にてワークショップ 中国・杭州
アンタルヤ国際アートシンポジウムにてワークショップ トルコ

受賞歴
2007 神戸ビエンナーレ(准大賞)
長三賞現代陶芸ビエンナーレ(長三大賞)
2017 国際陶磁器フェスティバル美濃´17 (審査員特別賞)
   受賞作品「精神構造」

個展
2011 個展 有機体の幾何学 INAXガレリアセラミカ 東京
2013 個展 覚醒する形象―パラレルニューロン 滋賀県立陶芸の森
2014 個展 オーガニックプロセス 新北市立鶯歌陶瓷博物館 台湾
2015 個展 森のカワラケ 現代美術 艸居
2017 個展 野生の数学 現代美術 艸居

グループ展/アートフェア参加等
2014 国際陶磁器フェスティバル美濃 岐阜現代陶芸美術館
現代陶芸現象 茨城県陶芸美術館
2016 台湾国際陶芸ビエンナーレ 新北市立鶯歌陶瓷博物館
2017 陶の表現-戦後からのNew vista 現代美術 艸居

その他の主な活動/仕事歴
コレクション
滋賀県立陶芸の森
新北市立鶯歌陶瓷博物館 台湾
日本の家近代美術館 アルゼンチン
エポックアートミュージアム 中国・温州

...続きを読む

作品一覧

野生の数学γ
規格外, 64.0(H) x 40.0(W) cm / ¥300,000
購入のみの扱い